ピータ、虹の橋へ飛び立つ。。


長い間 更新できなかったこのブログ。
実は、もう1ケ月以上も経ってしまった事だけど 
5月30日の朝、最愛のピータが天国へ飛び立ってしまいました。

このブログは我が家のかわいいペット達を中心とした生活記録でもあるので
私はピータとの永遠のお別れが受け入れられず、
しばらくの間、このブログに向かう事ができませんでした。

でも もうだいじょうぶ。
ピータがいない事のさみしさは、まだまだ続くけど、
ピータからもらった、たくさんの幸せと感動を思い出に変えていく準備ができたから。
いつまでもメソメソしてたら、ピータも虹の橋で安心して遊べないものね・・

今日は少々長くなるけど、
ピータが突然息を引き取ってしまった時から今までの事を綴ってみようと思います。


************************

6歳。もう少しで7歳になる頃だった。
鳥の年齢ではまあまあ 長く生きれた方なのかも。
特に病気だったわけでもなく 相変わらず美しい純白の羽毛で
かわいく存在し、歌を歌ったり 水浴びをして過ごしたり
いつもの居場所でドタバタなロメアメの事を眺めながら私達の生活を見守っていました。
毎日毎日その居場所でピータが静かにいる事があたりまえだった幸せな日常。

neel とピータの毎朝の日課。
neel がピータの家のカゴを掃除をする為に、ピータをいったん別の小さなカゴ(neel 作)
に移動させ、そのカゴをバルコニーに移し、そのまま水浴び。
お昼頃までは外で日光浴&毛づくろいの時間。
晴れてる日は ピータにとって、とても至福の時間。
neel はその間にカゴの掃除と餌水の入れ替えをしてあげてました。
そんな日課を6年間 毎日欠かさず行っていました。



その日の朝、いつものようにピータを移そうとカゴの扉を開けると
いつになく元気のないピータ。
止まり木からも落ちててカゴの床にいたそう。
なんとなく ただ事ではない事を感じ取ったneel は むりやりピータを
手に取って まだ上の階で寝ていた私に 「ピータ、なんだかおかしいよーー」と。。
私は慌てて階段を駆け下り neel の手のひらで衰弱しているピータに会った。

ピータの赤いくちばしがどんどん白くなっていく。
neel は一生懸命自分の息を吹きかけ 
私は声がかれる程 「ピータピータ!やだよぉ~!!」
と泣き叫んでいました。
信じられません。。 ピータが死んじゃうだなんて。

私達の声がとどいたのか 最後に息を引き取る寸前、
ない力を一生懸命ふりしぼりながら 小さく「ぴ~ぴ~」と2回鳴きながら逝ってしまいました。

私もneel も すぐに同じ事を思いました。
ピータ、私達に「ありがとう」 って言ってくれたんだね・・ と。

何が原因なのかわからないけど、ピータの寿命だったのでしょう。
もしかしたら、私達が起きてくるのを待っていたのかも。
小鳥の最後といったら 気付いたら止まり木から落ちてて 知らない間に冷たくなっていた
とかでしょうが、neel の手のひらで息を引き取るなんて、幸せな最後でした。
私達に見とどけさせてくれて ありがとう、ピータ。 


a0082146_218369.jpg



ピータが息を引き取った直後、ロメオも悲しみました。
ロメオ、ピータの事大好きだったもんね!仲良しだったもんね!
悲しそうな顔で、動かないピータの事を一生懸命舐めていました。

a0082146_1522699.jpg

a0082146_1523859.jpg



思えば、ロメオが我が家に来た時から ピータがいて。
パピーロメオの躾といったら、まずは先輩のピータと共同生活できること。
お座りや待てよりも、何よりもピータの存在を理解させ、
サイトハウンドの気質を制御しながら、
ピータの事を敬い、仲良く暮らせるようにと、
私達は鳥と犬の共同生活に挑みました。

しかし、私達の不安をよそに性格の優しいロメオは すぐにピータと仲良くできました。
気性の荒いピータに 何度と鼻先を突付かれたり、背中の上で突付かれても
絶対に パクッ!としなかったロメオ。
ロメオはピータの事をとても大切に思っていました。

a0082146_253624.jpg

a0082146_263584.jpg

                          ロメオ&ピータの仲良しショットです。。

え、、アメリは??
ロメオほどに わかりやすく悲しんだりはしないけど、
一応、ピータがいなくなった事は 感じ取ったようです ^^;
アメリだって2年間も毎日、ピータと同じ部屋で過ごしてたんだものね。。
私達のいない留守番中は、きっと動物同士で何か会話があった事と思います。


a0082146_2185875.jpga0082146_2193097.jpg


a0082146_2215592.jpg

しばらくの間、動かなくなってしまったピータはこのような状態で、
私達の気が済むまで いっしょにリビングで過ごしました。


そして、やっと決心し、土に返す日が来ました。
ピータもこのままだと疲れちゃうからね・・

庭で生き生きと元気にそびえ立つ大木、レモンユーカリの木の根元に眠らせる事にしました。

a0082146_229456.jpg




a0082146_2295992.jpg

家のどこからでも見れる元気なレモンユーカリの木。
いつでも ピータの事を思い出せます。

a0082146_2343420.jpg

a0082146_2345018.jpg




ピータは土に眠らせたものの、 
カゴやピータの生活用品はそのままの状態で なかなか片付ける事ができなく、
今日まで ずっとこの状態でした。

a0082146_2391129.jpg


a0082146_2393222.jpg

a0082146_2395190.jpg

亡くなる前日に水浴び中に落ちた最後の羽 (泣) ↓

a0082146_2415073.jpg



そして、今日とうとう勇気を出して ピータの物を片付けました。
カゴ一式は、友達のお母さんに譲る事にしました。

私達が旅行に行った時に 何度か友達の家にピータを預け、
そこへピータに会いに遊びに来た友達のお母さんにも 
いっぱいかわいがってもらったそうです。
ピータの事を知った友達のお母さんは、とても悲しんで泣いてくれたそうです。

その友達のお母さんが 今度ピータのような白文鳥を迎える事になったというので、
ピータの物一式を使ってもらえる事になりました。

ピータのように かわい~文鳥と出会えますように・・・ 
ピータのように みんなにいっぱい幸せを与えてくれる子と出会えますように・・・
と願いを込めて 渡して来ました。

a0082146_2555567.jpg



虹の橋へ飛び立ったピータ。
そこで楽しく遊びながら ロメオとアメリ 
そして私達が いつの日か迎えに来る時を待っていてくれるのでしょう。

大切な家族だった小さなピータ。
6年間 ありがとう。。

そして いつもこのブログを通して ピータの事をかわいがって下さったみなさん。
ありがとうございました。

これからは ロメアメとピータのコラボ記事が載せれないと思うと
ちょっと寂しいのですが、
ロメアメは 変わらず毎日元気なので これからも宜しくお願いします♪


a0082146_336293.jpga0082146_3361871.jpg

a0082146_3365260.jpg




a0082146_3393886.jpg
[PR]
by NADI-kayo | 2009-07-08 01:28 | 日常・徒然


イタリアングレイハウンドの Romeo & Amelieと一緒に 快適で心地良い Life Stage & Life Style を追求し    自分達らしい生活にずっと    こだわり続けていきたい。。


by NADI-kayo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LINKS

■ instaglam ■
sajilo_kayo

■ 私達のお店 ■
SajiloCafe
ShivaCafe
SajiloClove


 

カテゴリ

全体
日常・徒然
散歩・広場・街歩き
犬連れ旅日記
イタオフ・再会
Friend’s
犬と快適生活
記念日
Amelie 成長記録
インテリア・掲載誌
インテリア・アンティ-ク
うちカフェ
手づくり
Green
ギャラリ- 【rome×P】
Making sajilo cafe
軽井沢 ”forest

以前の記事

2013年 09月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 06月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
more...

フォロー中のブログ

田舎での音楽(と犬)生活
クルトのいる生活
こたつ日誌
無 相 創
わんぱくジュピター
六丁目日記
R生活ハジメマシタ
*ポキマガ* poqui...
☆CIMONA☆
マイペンライでいいんぢゃない?
時のコラージュ
Gover 入荷情報!
ferme & miryuu
ネパールの空の下で
やっぱ、好っきゃねん。。。
ダンの目線の先には・・・
サジブロ
シヴァブロ
Atelier Sajilo
ニコ日記

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧